目指せ!社会保険労務士

③受講した感想・まとめ

<テキストのみでの勉強には限界が…。2度も不合格でした>

テキスト・過去問の感想

はじめに言ってしまうと、私はユーキャンの教材では合格できませんでした
受講して1年目、2年目と2回受験したのですが、どちらも不合格でした。
社会保険労務士の合否の分かれ目は、テキストの内容をすべて網羅して、勉強したかどうかだと思います。私が法学部出身だったり、法律のベースがあれば、もっとスムーズに勉強が進められたかもしれませんが、なんせ、法律初学者なので、はじめは難解な専門用語に苦戦を強いられました。
それに加えて、ユーキャンのぶ厚いテキストも一気にヤル気を下げてしまいます。重要点がまとめられていないため、すべてを覚えて理解しなくてはいけないのです。1,000ページ以上の内容をアナタは覚えることができますか?天才以外は無理でしょうね。
ユーキャンのテキストは、たしかにわかりやすく法律初学者向けですが、全体的に内容が薄く、とてもじゃないけれどこのテキストでは、超難関な社会保険労務士には合格できません。出題される重要点を絞り、もっと深く掘り下げた内容でなければ、厳しいのではないでしょうか。

そして過去問題集は2冊あるのですが、どちらも進めていくと違和感を覚えます。そう、テキストと問題集とがリンクしないのです。私が思うに、テキストがあまりにもわかりやすい(低レベル)ため、実際に出題される問題(高レベル)とのギャップが生じてしまったといえます。なので、テキストだけで勉強していくと、解けない問題が多数出てきてしまいます。

講義メディア・その他の教材の感想

さらに最大の難点は、講義メディアが一切ないことです。これは、私も受講する前に気になったことなのですが…。
社会保険労務士試験は、出題範囲がとても広く、労働関係の法律から一般知識、 社会保険や健康保険、年金まで、すべてを理解しなくては合格できません。
テキストだけの勉強では、すべてを理解し、問題が解けるようになるまでの学力にいくまでは、相当の時間と労力がかかります。私が勉強した2年間ではとても足りません。やはり、講義DVDのような媒体を使った勉強でなければ、合格までの道のりは険しいといえるでしょう。
ユーキャンで勉強した2年間は、決してムダにはなっていないと思いますが、不合格は不合格、合格しなければ意味がありません。
あのまま、ユーキャンでずっと勉強していても合格を手にすることは、おそらくできなかったと思いますね。

生涯学習のユーキャン
http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/64/special.html

 

④インターネットでの評判へ

 

 


目指せ!社会保険労務士

ユーキャン 体験レポート

①ユーキャンが人気の理由

②ユーキャンのテキスト・講義メディアについて

③ユーキャンを受講した感想・まとめ

④ユーキャン インターネットでの評判

フォーサイト 体験レポート

①フォーサイトが注目されている理由

②フォーサイトのテキスト・講義メディアについて

③フォーサイトを受講した感想・まとめ

④フォーサイト インターネットでの評判

社会保険労務士を目指す人へ

おすすめサイト集

社会保険労務士の独学について

社会保険労務士の年収について

ユーキャン社会保険労務士体験記

社会保険労務士勉強法